【シェアリング】工事現場のできごと2つ

2016.05.19(Thu)


10年近く前に こんなことがあった。

借りていたワンル-ムの仕事場のエアコンが壊れて
新しいエアコンを 2人の男性作業員が取り付けに来た。

作業員の先輩格の人がイラついていて 
ひとつ動くたびに 後輩をののしり叱ったり
車まで 何度も道具を取りに行かせたりしている。

狭い部屋の中で聞いていて
まるで自分が罵倒されているかのようで
その場から逃げたくなった。

でも 自分が体験するものは
心の中の反映 と思い 自分の心を癒そうとした。

そのときは 奇跡のコ-スはよく知らなくて
当時さかんに使われていた「ホ・オポノポノ」の言葉
「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」
を心の中で繰り返してみた。

すると 取り付け作業の後半では
先輩の態度がおもしろいように変わっていて
後輩を誉めたり 持ち上げたりする言葉や笑い声が聞こえてきた。



今 裏のお宅に塗装工事が入っている。

先日 足場を組む作業中に
親方のような人が何度も下の人に まるで
うっぷん晴らしのように 小言を言ったりどやしつけたりしていた。

塗装工事には騒音は付き物だけれど
作業の音より 工事する人の声が近所迷惑! と思った。

施術の仕事部屋は 裏のお宅に近く
お客様の施術をしながら聞こえてくる声に
「ああ また始まった」

わたしがイライラすると お客さまに集中できない それは困る。
しかし お客さまは自分の話に夢中で 声を気にしていないようだった。

「わたしがイライラすると…」と書いたが 実際は
わたしの中にあるイライラや 
過去に 先輩・上司についていた時に感じた恐怖心を 
塗装工事の人たちが見せてくれている。

親方(?)の愛を求める心の叫びを自分のものと感じつつ
「わたしの幻想の中で 不快な役を買って 見せてくれてありがとう」と
心の中で言って 訂正となりゆきを聖霊に任せた。

そうしたら 急に ののしり声が小さくくぐもった声となり
変わらず何かやりとりをしてはいるのだけど
わたしの耳には「もごもご」みたいな鳩が「ぐるぐる」言うみたいな
不思議な声に変わって聞こえてきて 笑いそうになった。
(鳩は『平和』の象徴ってか?!)

そして お客様の自我の訴えを いつもよりもたくさん聞き
そのお話から一緒に見せてもらった錯覚を
聖霊に渡せたのではないかと思う。


あの 口うるさい親方の ひっきりなしのダメ出しは
わたしが いつも心の中でしていることだ。
そして 次は何を言われるのかと ビクビク怯えて動けない自分もいる。

わたしがすべきなのは
工事の人に「工事の音よりうるさいんですけど」と
彼らを自分の外の人と見て 苦情を言って相手を変えようとすることでなく

見ている夢(幻想)に気がついて 
代わりに奇跡を見せてくれるよう 聖霊に預けること。

引き続き 裏のお宅の様子は 観察してまいります。




美和子
スポンサーサイト

Category: ■シェアリング

11:53 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

【シェアリング】 自分で計画しない 護らない 

2016.05.14(Sat)


このところ 仕事の内容・メニュ-の見直しをしている。

ボディヒ-リングやセラピ-的な今の形のままだと 
幻想を 別の幻想でごまかす誘惑に 
はまってしまいがちだから・・・

(ごまかしの例:肉体の辛さを訴える人を それを真に受けて問題だと受け取め
その状態を好ましいものに変えようとすることを ヒ-リングとして行う)

・・・幻想に気づいて ほんとうの私たちを体験する
いっしょに光を見て幸せな体験をする
それが わたしが「きょうだい」たちとしたいことなのだから
ヒ-リングやセラピ-の形であっても 別の何かでも
いま 自分にふさわしい仕事の形はどんなものだろう と
あらためて見直したいのだ。

それで 奇跡のコ-スの 
レッスン135「自分を防衛するなら、私は攻撃される」 
レッスン136「病気は真理に対する防衛である」
(「奇跡講座ワ-クブック編」の和訳)
などを読み返している。

それで読んで思ったのが
「あたし 毎日 聖霊の声 ぜんぜん聴こうとしてないじゃん。
きっと受け取っている すてきなものにも気づいてないじゃん」 ということ。

不快を感じたときは幻想と分かりやすく 聴けているかな?と思うから
100パ-セント聴いてない受け取ってないわけではないけれど
「やってるつもり」だったなぁ と思った。

同じことを繰り返す 自我のののしり声でアタマをいっぱいにしていたり
自分で思いついた計画の遂行に忙しいことで
聖霊の「これ幻想だよね?」という示唆も
家族や「きょうだい」たちからの愛(とその表現)も
あるのに気づけないで聴かないで見ないでスル―しているのだ。
ほんとうは 今見ているよりも 
もっとすてきな世界が見られるかもしれないのに。

もう いいかげん それをやめたいと思い
再び 無意識の習慣を変える訓練をすることにした。
昨日から 目の前に起こったことにすぐ反応し動くるのを(気づいた限りで)止め
「今行動するかしないか するなら何をするか」を 聖霊に訊くことにした。
何かに没頭しそうになったら ふと手を止め お伺いを立てることにした。



おとといの夕方時点で 昨日の仕事の予約はなかった。
自分で立てた 昨日の大まかな計画はこうだった。


①午前は 庭木の剪定か 仕事関係のことか 部屋の片づけをする。
②昼過ぎ 習い事の教室に 徒歩で向かう。(30分ほど)
③教室の前に ス-パ-に寄って ある物を買う。 
④3時間教室で過ごす。
⑤その後 教室近くのディ-ラ-に車検が終わった車を引き取りに行き帰宅。

なんとなくそう考えたいたら おとといの夜 
昨日の施術予約希望の電話が入った。

先方の都合は ちょうど習い事に行っている時間帯。
教室は 午前のクラスにも振替できる。
ただし 午前クラスは人数が多く 十分に教われないかもしれないし
たとえ午前に行っても 車検の引き取りはできない。

「すみません」と言いながら
やむなく 希望時間よりも3時間遅い夕方に お約束した。

さて そして昨日。

自分で立てた大まかな計画に従い とりあえず教室へ向かう。
でも 聖霊に訊きながら動きを決めていくつもりではある。

イヤホンで音楽を聴きながら 教室がある住宅街まで来た。
ふと「イヤホンしている人って 自分の世界に入っていて声がかけにくい」
と思う。
声をかけられたくない時 聴いているふりで音のないイヤホンをつけることもある。

音楽を聴いていると 風景も行きかう人たちも 自分とは関係ないものに感じる。
日頃 「音楽聴いていると 聖霊の声は聴けない」と思うこともある。

それで「今は ほんとうに聴きたいの?」と胸に訊いた。
聴き始めは 音楽を楽しんでいたが
その時はもう 惰性で流していたので イヤホンを外してみた。
すると ななめ前方に リュックをしょった女性が「見えた」。

そこは長い坂道で 女性は 「ふぅ」と息をついて 立ち止まる。
目が合うと 思わず笑みが出た。
何か言いたそうにしているようで 見つめると
女性は 「暑いわね」 と。
「暑いですね。(リュックからのぞく)大根重そう。がんばって」

別れてから 「がんばって」って声かけはどうだったんだろう?と思いつつも・・・
惰性でイヤホンをし続けていたら 
そんな 心あたたまる ちょっと嬉しいふれあいができなかっただろう。

しかし ここで立ち止まったために
ス-パ-に寄ると 教室の開始時間には間に合いそうもない。
教室の後に寄ると 夕方の予約時間ぎりぎりになるかも。それは困る。
遅刻を覚悟で 耳は澄ましつつス-パ-に足を向けると
頭の中に「その必要はない」と浮かぶ。

それで時間通りに教室へ行き 3時間過ごした。

車検の引き取りに行くと 
名前を言わなくても所長さんが すかさず案内してくれて
手続きはスム-ズに済んだ。

これで買い物をしても 早く家に着けそうなので 
ディ-ラ-のカウンタ-で領収証などの発行を待つ間に
予約のお客様に
「よかったら少し早めにお越しください」とメ-ルを打ちかける。
そこでまたも「その必要はない」という思いが浮かび メ-ルを削除した。

車を引き取り ディ-ラ-の隣のス-パ-で買い物をし
家に着くと 来ていた姉が帰ろうとしているところだった。
お互いに話したい大事な話があったので
ああ よかったと お客様が見えるまでの時間 姉と話した。
なんと話は「苦痛を訴える人を目の前にした時 セラピストは何をするか」
ということにまで及んだ。

それは この記事の前半に書いた内容だけれど
わたしも姉も 一緒に受け取れたと思う。
メ-ルを止められたのは このためだったかもしれないと思った。

その後 予約時間にお客様が見えた。
体全体しんどいと訴える幻想を見せてくださったことに心の中で感謝し
施術をさせていただいた。

と 昨日はこんなふうになったわけだが
余計な必要のないことはしないで 聖霊に耳を傾け
自分を護らないで信頼した結果を見届けることは
自分の計画を進めるよりも 満足感があって幸せを感じるみたい
ということがわかった。

でも これを習慣までにするには
一日ぼうっとは していられないのね・・・

それでも 今 必要なことなのだから
根気よく続けるのだ(^o^)



美和子

 

Category: ■シェアリング

11:18 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

【シェアリング】 たからもの

2016.04.29(Fri)


先日 仕事で 
ある料理人の方のお体を
わたしの手で ほぐしていた

体に痛みを抱えつつも
長年 おいしい料理を
たくさんの人につくってこられた
腕と手

触れながら

「わたしたちのために ありがとうございます」
という思いが起こり
胸が震えた

宝物だ

宝物のように
だいじに触れなくては

と思った




私が初めて整体というものを受けたとき
体の隅々まで ていねいにほぐしてもらい
自分が大切なモノになったように感じたなぁ
と思い出した。

その後 自分も施術者になることを志し
干支ひとめぐりほどの年数が経つ。

その間に 奇跡のコ-スを学び始め
わたしたちは肉体ではない とか
神の子 とか
教わった。

神の子と言われてもね
なんだかピンときていなかったけれど
好きな人も 苦手な人も 知らない人も
わたしたちはみな等しく 「宝物」 
と思ってみることなら できるかもしれない。


仕事中の誘惑は いつでもあって
幻想である病気や症状を リアルなものとして扱い 
それを治そうとしてしまうことが しばしばある。

そんなコトのないようにとは心がけていても
「この体をなんとかしよう」 と思ってしまうと
その人の心は置いてきぼりで
体を 物として修復しようとしてしまう。

それらの間違いに気づいて その度に
聖霊に訂正してもらうことも 
わたしの機能(はたらき)ではあるけれど

わたしの身体で五感を使って
「あなたもわたしも宝物ですね」と
伝えられるような技術なら もっと磨きたい
と思う。



宝物 という言葉やイメ-ジには
特別なモノ 高級なモノのような
特別感や価値判断がついていると思うし
「護るべきもの」と見るのも違うし
そういうのではなく
もうちょとニュ-トラルなふうに使いたいんだけれど。

宝物のはずの人や自分が
宝物に思えない時や
ある宝物を好きになり過ぎちゃっている時には
幻想を見ている
とか。

そういうふうに思ってみると
間違いに気づきやすいかな?



美和子

Category: ■シェアリング

18:03 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

【シェア】家族と住む暮らしになって

2013.03.09(Sat)



二年弱の一人暮らしから、
家族と一緒に住む生活に変わった。

お客様が来るか、自分が外出するかしなければ
他の人に会うことはなかった日々。
ひとりでいることを好むわたしは
それを手放すのを苦痛と感じていた。

今は、誰かしらと毎日接している。
しばらくは慣れなかったけれど
意外としんどさは感じない。

「他の人がいて その人がすることに自分が左右される」
と思っていると、辛いかもしれない。

家族の言動に反応する自我を感じるたび

「人のせいにしようにも『他の人』なんて、いないし
 ひとつであるわたしもあなたも愛」
と思い直す。

「自我が、自分が知覚したいものを作っているだけ」
「見ているものに責任を持とう」
と思い直す。


今日は
「よりによって、このタイミングでソンナコトをするか?!」
と怒りを感じた場面があった。
「いやがらせ?」「邪魔された」「困った」と思った。

2年前だったら、怒って文句を言ったはず。

怒りを感じながら、今日のレッスン183の文中の
「神の名に あなたを解放してくれるよう頼みなさい」
という言葉を思い出し

「神よ わたしを解放してください」
何回か心の中で唱えた。

すると、ほんの一瞬の時間差で
困るような状況を免れたと共に
怒りが静まった。

そして、相手には全く悪気はなかっただろうし
むしろ「こんなことは起こってほしくない」という
自分の心の恐れが作った場面だったかも
と思えてきた。

家族といるからこそできる
赦し・奇跡を行う機会が いくらでもある暮らし(苦笑)
ひとり暮らしで ワークブックを続けてきたから
思ったほどには しんどくないのかな。

今は、その機会をたいせつにしたい、と心から思う。



美和子



Category: ■シェアリング

01:05 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

【シェア】すべての人は自分に愛をくれる人

2012.12.26(Wed)


お客様とお話ししていて、気がついたことがあった。

たとえば、わたしが ある人のことを怖いと思う。この人はわたしにアンナことをするんじゃないか、コンナことを言うんじゃないか、と、過去の似たような記憶を引っ張り出して妄想して、怖くなる。そういう思いでその人と接すると、思いが態度に表れる。そして、その人は自分に攻撃をしているように感じる。ますますその人が怖くなる。

そのループにはまっているとき、何かの機会に その人の温かい面を見つける。ん?意外。この人こういう面があるんだ。何かの機会、というのは現実(という夢)でも起こるし、眠って見る夢でも起こる。夢の中で、自分が怖がっている人が、いつもとは違う素敵な面やちょっと間抜けな面を見せたりする。これは、自分の無意識の中では、ちゃんとその人のことをそのように感じとっているから。ここで、その人への見方が変わる。怖いという自分が張った煙幕で見えなくなっていた 好ましい部分に目が行く。自分へ向けてくれる好意も感じるようになる。

気がついたこと、というのは こういうことだ。

人生で 自然に出会うすべての人は、自分に愛をくれる人。どんな人に見えたとしても。自分が見ている、つくっている世界にいる人は、みんな自分のためにいる人。すてきなものを こちらから差し出したり、あちらからくれたりする人、それしかいない。だから、安心して、相手のことも自分のことも敬いながら、おつき合いをすればいい。

人を疑う心が、自分の世界を暗くする。わたしは、自分とこの世界の人たちを信頼して光として見て、明るめで楽しくて穏やかな世界を見たい。


美和子


Category: ■シェアリング

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。