【ワーク】いつもあなたの内にいます

2011.11.26(Sat)



ただ次のことをしなさい。

心を鎮めて、
自分とは何なのか、神とは何なのか、という思いを
すべて捨て去りなさい。

この世界について学んできたすべての概念、
自分自身について抱いている
すべてのイメージを捨て去りなさい。

自分の心が、真実なのか間違いなのか、良いのか悪いのか
と考えていることを何もかもみな取り除きなさい。

価値があると判断している思い、
そして恥ずかしいと思っている考えを
ことごとく、取り除きなさい。

何にもしがみつかないようにしなさい。

過去が教えてくれた思いや、以前何かから学んだ信念は
ひとつも持ってこないようにしなさい。

この世界を忘れ、この『奇跡のコース』を忘れ、
両手をまったく空にしてあなたの神のもとへ行きなさい。


以上  奇跡のコース レッスン189 第7節
『奇跡のコースを学ぶガイドブック8 豊かさの力学』
P92~93より引用



今朝のワークの言葉は
「わたしは、自分の内に、今、神の愛を感じます」でした。

今日も 音読しながら泣けてきたのですが
上に引用した第7節の最後の文
「この『奇跡のコース』を忘れ」
というところで、さらにぐわぁ~っと こみ上げてきました。

言葉に触れてみて気づいた、自分の気持ち。
(自我の、ですが)

いつも「忘れたい」と思っていた。

コースには、惹かれているし、求めている
でも、レッスンをしたくない時もある
コースのことなんて気にもかけないで暮らしたい
でも、やらなければならないこと、と思っている。
レッスンをパスする時間、パスした日には
ひどく後ろめたい感じがする。

求める気持ち 
避けたい気持ち
罪の意識
でも、間違ったことはしていないという感じ
いつもそれがごっちゃになっている。

だけど・・・この文では
(今は一時)「コースを忘れなさい」だって。

その思いが ちょうどよくあたたかいお湯のように
胸に流れてきて
ひとしきり泣いていました。
「ありがとう」という思いしかありませんでした。

あらゆる人への
「あんなにひどいことをしてしまって ごめんなさい」
「これができなくて ごめんなさい」という思い。
「わたしは するべきことを全然できていない
 人の役に立っていない」
 という思いと共に。

泣きながら、どんどん「声」が胸に響いてきます。


感じるままに 感じなさい。
したいことを しなさい。
ドラマが見たかったら 見なさい。
買いたいものは 買いなさい。
我慢をしなくていいのです。

「これは してはいけないのではないか」
「怠けているのではないか」
「逃げているのではないか」
などと 考えなくてもいいのです。

ただ・・・何かを感じる(観る)ときには
ひとりでするのではなく
わたしと一緒にするのです。
いつでも 一緒にするのです。

わたしが一緒にいることを 忘れてもいいのです。
それでも、いつも一緒にいることには
変わりないのです。



美和子


スポンサーサイト

Category: ■ワークブック

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

【ワーク】「ワークをしてね^^」by HolySpirit

2011.11.07(Mon)




奇跡のコースのワークブックは
今日、レッスン173(155、156の復習)をしています。
レッスンは365日分あり
もう少しで半分にたどり着くところです。

毎朝、その日のレッスンの文章を音読して
指示に従ったことをしてみます。
それと、夜寝る前にワークをすることは
最低限、しています。

前よりも、朝のワークをすることが楽しみになってきたし
寝る前に心を落ち着ける時間を持つのが
気持ちよくなってきています。

しかし、夜、再びレッスンを読み返すと
「あれ?こんなこと書いてあったっけ?」
と思うことも しばしばです。。。

最近のレッスンでは
日中は、1時間ごとにその日のアイデアを
思い出すことになっていますが
それについては、携帯のアラームを使うこともあれば
しないときもあります。適当、です。

まだ、しっかりコミットできていないのでしょう。
それでも、続けているうちに心が決まるかもと思え
それでよしとしています。



先日、香咲さんのセミナーに出てみて
わたしはまだ ワークの醍醐味を知らないなーと思いました。

365日のワークが終わっていないうちは
とにかく、ワークをすることが大事、と
聖霊さんは いつもその思いを伝えてきます。

それと「信頼しましょう」ということ。

毎日のワークの文言は
「わたしは今日こうします、聖霊さんお願いしますね」
という宣言でもあると思います。

例えば今日の
「わたしは引き下がり、神に先導してもらいましょう」
だったら(神、とは、言い換えれば真の自己のこと)

「今日は、わたしは自我で考え動くのではなく 
 引き下がっています。
 そして 神に先導してもらうので、それを助けてくださいね」
と、わたしは聖霊にお願いしました。

それを助けてください」と わたしが付け加えるのは
きっと日中に、無意識の反応で何かを考え、してしまうか
自分でやりたい!という気持ちが
起こってくるのはわかっているので
「助けてくださいね」と頼んでおきたいからです。

それと、常に聖霊と共にいる、
ということを意識する訓練でもあります。

そして、今、わたしが考えるワークの醍醐味というのは
その、お願いしたことを憶えていて
その日、自分がどんなことを体験しているかを
注意深く見ていることにより
「あー、こういうことなんだ!」と
ワークの内容を体験的に知ることができる
そこにあるのではないかと思います。

そして、体験して腑に落ちたことは 定着していくのでしょう。
それをまだ、十分に味わえていないようです。

でも、観察して何かを発見するのは好きだし
醍醐味を味わいたいので
今後はこのように思いながら やってみます^^


美和子


Category: ■ワークブック

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

【つれづれ】「死んでもいい」と思えるときが「生きている」時

2011.11.05(Sat)



今日、明日と
香咲弥須子さんの「奇跡のコース」のセミナーに参加しています

奇跡のコースには 4年ばかり触れていますが
それでも、まだ
「え?そんなコト テキストに書いてあった?!」
「それって、そういう意味なんだァガーン」
ということも チラホラというか、大アリ。

どのような方法の真理探求にもつきものなのは
変わりたくない、真理を受け入れたくないという抵抗。
そのために、書いてあることをスルーしたり
間違って解釈することも多々あるので
そういうコトが起こってきます。

そして、奇跡のコースは、ほんとうに
よくあるスピリチュアル的な教えとは違うなぁ
と 今でもびっくりすることが多いです。

今回は、お金・豊かさについてのテーマがあり
それに興味津々でした。

へー、そういうふうになっているんだ
聖霊さんには そのように頼むんだねぇ。
と、ワタシ的には 大満足でした。
あとは、聖霊さんに適切な形で お願いし
どのような形で実現するのかを 注意深く見ていくのみです。

今はまだ その話や
びっくりなコトや大切なコトを 書き表せない(表したくない)ので
美らくる堂でのセッションや わかちあいの会で
「話す必要を感じたとき」に お話しますね。

豊かさについて気になる方は
この本を読んでみてくださいね。

豊かさの力学

あと、こちらの本も
コース初心者に超オススメです。

『奇跡のコース』を生きる実践書

で、前置きが長くなってしまいましたが
今日、香咲さんがおっしゃったことで 心に響いた言葉を。

”死んでもいい、と思える時が「生きている」とき”

そこそこの幸せを感じている状態は
まだ恐怖心があり、100%の愛の状態ではない。

真の自己である愛の状態・交流を体験し
あまりにも幸せで、もうこれでいつ死んでもいい と思えるのが
ほんとうに 生きている、ということ
と いうような意味になります。(合っていますか?^^;)

わたしも、このように感じた気がしたこともあったけれど
次の瞬間「でも、まだコレやってないよね」
「あれも手に入れてないよね」
「まだ死ねない」
などと思っちゃったりしましたね。

何かを怖がったままの
そこそこの幸せじゃなくほんとうの幸せを感じ
ほんとうのことを見ようとし、見せてもらい
愛を表現し、めいっぱい「生きたい」わたしです。


美和子



Category: ■ACIMつれづれ

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
16112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1873位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。