【夢日記】上ったり下りたり/避けているもの

2012.11.22(Thu)


今日の夢。

目的の階(部屋)へ向かってエスカレーターを上っていたら
遊び心が起きて何気なく
となりの下りのエスカレーターに飛び移る。
そして「間違えた」と気づいて、
着いた階から上りに乗り換える。

目的の階の一つ下の階で エスカレーターは終わる。
上の階へは、階段かエレベーターで行く。
一つだけだから階段でもいいか、と思いながら
エレベーターがちょうど来たので乗る。

ひとつ上の階には、なかなか着かない。
エレベーターはシースルーで、外が見える。
キャラクターをあしらった楽しそうなエレベータが見え
「あれもいいな」と思っていると
エレベーターは、地上までななめに下っていく。

着いたところは、西部劇のセットのような
アトラクションになっていて
そこでは、役者が撃ち合ったりする演技をしている。



夢が表すものは、まず、
夢を見た人がどう感じるか、
その人にとって何であるか を見ていく。
夢の文脈をつかみながら、何を意味するかを受け取りる。

一般的な解釈としては
「上昇」は、適切 な方向へ向かっていて
「下降」は、不適切 な方向へ向かっている、といわれる。

しかし、自分の夢を読む際は、早急に これを当てはめる前に、
夢の内容・文脈や 自分の現状を照らし合わせ
意味するものを受けとってみる。
この夢では、「上昇・下降」は「適切・不適切」という
一般的な解釈でいいと思う。

わたしは夢の中で、行先は上の階と決めているのに、
何かに気を取られ、そのたびに下に 下りてしまう。

そのうちに 殺しあう西部劇の真っただ中に来て、
「これはアトラクションだから怖がる必要はない」と知りつつも
「なんでココにいるんだろう」と、我に返る(笑)

夢の中の 建物の階によって、今必要なことがわかる。
2階なら 何かと何かのバランスをはかる、
5階なら 現状を変えるなど。

今日は、わたしがめざしたのは8階。
わたしの持つ夢辞典では、性・お金に関わる階だ。
もっと抽象的に言えば、無限(∞)の創造性 と関わる
と言えるかもしれない。

目的の8階(部屋)を避けたい怖い気持ちがあって
いちおう向かってはいても、
無意識に何かに気を取られることで 
そこを避けるように何度も「下りて」しまったように思う。

「避けているもの」というのは、
表面的には不快なことであり、それに関する心の傷が
あったりすることだと思う。
傷は幻想ですが、怖く感じる。

けれど、だからこそ、そのことに関わると
好ましい変化が起きたり、幸せを感じたりするもの
でもあると思う。

幸せになる、幸せを感じる ということは、
自我(幻想の自分)の存在が危うくなるということ
だからこそ自我は、他に気を取られるもので誘って
生き延びようとする。

怖くて避けているものについては
「幻想だから怖がる必要はない」と自分に言い聞かせても
具体的な「行動」を起こそうとすると、腰が引ける。
「また、過去のようなことが起こったらどうしよう」
と、怖くなる。

でも、まず一番にすることは「行動」ではない。
どうも、それを忘れがちだが。。。

その幻想(悪夢)をよく見ること。
感じているちょっとした不快さも見過ごさないで
幻想を終わらせることが、なすべきこと。

怖がっているものを今一度よく見て
これで幻想を終わらせると決め、
感じなおしてみて、それを聖霊に渡す。

そうすると、今まであった怖さ・コダワリが薄れ
行動も軽やかになっているかもしれない。

聖霊は、どっちみち夢(幻想)なのだから
深刻になりすぎず、
楽しんでそれを手渡してくれればいい、と
言っているように感じる。
この夢だって、なんだか滑稽で笑えちゃう。


美和子


スポンサーサイト

【つれづれ】久々にハマりそうになりました~ネガ感情と『私の期限は49日』

2012.11.08(Thu)


何にハマりそうになったかというと
「怖い」「寂しい」という思いです。
抜けるのに2日ほどかかりました。

怖かったのは、
「過去にした選択が間違っていたのではないか」
「これから間違ったことをするのではないのか」
「何をしても むなしい結果になるのではないか」
妄想がぐるぐると止まらなくなりました。

「これは、妄想、自我の誘惑」ということはわかっています。
何かを間違っても、聖霊に頼んで訂正をしてもらえばいい
ということもわかっています。

しかし、奇跡のコースのワークをしてみても
集中ができないで「怖さ」が抜けない。
何を聖霊に預けていいのかも
混乱してわからず、焦りました。

「怖さ」と「寂しさ」がどうしたら抜けるかわからないまま
きのうGyaO!で配信が始まったドラマ
『私の期限は49日』を見始めました。


このドラマの主人公のひとり、ソン・イギョン(イ・ヨウォン)は
天涯孤独の身。
子供の時に施設で出会った、
彼女にとって親であり兄弟であり、恋人だった
ソン・イス(チョン・イル)を事故で失い
絶望の底で、人と心を通わせることもなく
死んだように生きている。

一方、このソン・イギョンに 49日間憑依して
自分のことを心から愛する人の涙を3つ集め
魂の、身体への生還をめざす、シン・ジヒョン(ナム・ギュリ)。

明るく無邪気だったジヒョンも
魂だけになった今、
自分の体の中にいる時はわからなかったことを知っていく。

婚約者と親友の裏切り
自分は それほど人に好かれていなかったこと
良かれと思ってしたことを 悪意と受け取られていたこと
自分のために 両親が悲しみ苦しんでいること
父親の、命にかかわる病気
それを徐々に知るうちに、絶望する。

『私の期限は49日』とGyaO!で2話まで見て、
結局きのうは、持っているDVDで11話まで見ました。

イギョンとジヒョンの恐怖と孤独と絶望に共感しているうちに
また、その絶望の中で がんばるジヒョン(が憑依しているイギョン)を
傍で見守り助けるハン・ガン(チョ・ヒョンジェ)に癒されながら
気持ちが落ち着いてきました。

そして「突然降ってわいたかのような
この怖さと孤独感は 何がきっかけだったんだろう?」
と ふと思ったのですが。
ネットサーフィンをしているうちに
熱心に見ていた記事の書き手の
文面の奥の 恐怖感と孤独感に 共鳴していたのかも?
と思い至りました。

書いた人の ほんとうの姿でなく
自我の部分にフォーカスして共鳴してしまっていたようです。
しかも、その人を心の中で「間違っている」と批判して、攻撃していた。
他人へ向けた攻撃は、自分への攻撃に他ならないので
これは、さぞかし染みてくるでしょう。

それに気づいたら、
「これは、わたしの感情ではない。
わたしは、自分とあの人の真の姿を見る」と
思い直すことができました。

そして、とらわれていた感じが抜けました。
というわけで、こうして記事に書くことができています。


美和子



→『私の期限は49日』公式サイト


Category: ■ACIMつれづれ

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

【ワーク】世界に声を届けてもらう

2012.11.04(Sun)



奇跡のコース レッスン97

Spirit am I, a holy son of God, free of all limits,
safe and healed and whole,
free to forgive, and free to save the world.
(W97.7.2)

まさに わたしはスピリットであり、聖なる神の子、
なんの限界(制限)もなく、
安全で 癒されており 完全な存在、
自由にゆるし 自由に世界を救う。
(美和子訳)

今日のレッスンでは、この言葉を
聖霊(Holy Spirit  内なる真の自己)に贈ります。
聖霊は、この声をこの世界にこだまさせ、拡げてくれます。
そして、力を増して、わたしに戻してくれます。

今朝、ワークをしていた時に
毎日のワークは、一人でするものだけれど
わたしが発する言葉は、そうしたければ
この世界のすべての人のスピリットに届くものなのだ
それは嬉しい、って思いました。

届いたとしても、受け取ってもらえるかどうかは
また別のことですけどね。
もし受け取ってもらえなくても
それでも届いていると思うと嬉しいです。


美和子


Category: ■ワークブック

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
6251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
882位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。