【夢】 待ってくれていたひと

2014.10.11(Sat)

 
今日書くのは 8月に見た夢。
とても心地よい夢だったが 自分としてはどうとらえたらしっくりくるか
2カ月ほど寝かせてあった。


午後の 学校の教室のようなところ。
講義または研修が終わって
人々が 三々五々帰ってゆく。

わたしは 持ち物をカバンにしまうのに手間取り
最後の一人になっている。
いつも 帰り支度というものが 人よりも遅くなってしまう。

目を 何メートルか先の窓際に向けると 窓の前に
白い綿のシャツとパンツを着た男の人が立っている。
(20代後半~30代前半 癒し系 黒髪・色白・やせ型筋肉質)

帰り支度の済んだ わたしをまっすぐ見て
「待ってたんだよ」と
左手を差し伸べてくる。

わたしはいつの間に彼に近づいていて
自然に その手を自分の左手で握ったまま
スッと彼に寄り添う。
ふんわりと安心感に包まれる。

彼とは付き合っているわけでもなく
気のおけない仲間の一人 と思っていた。
少し離れたところで じっと見守り 待っていてくれたんだ
と思えて それがうれしい。
心の奥で ほんとうは言ってほしかった してほしかったことを
してくれたように感じている。

手をつないで 隣の保健室のような部屋で
大きな机の上に 並んで腰掛ける。
ぽつんぽつんと話しながら
外の のどかな風景を眺めている。

この人と ずっとこうしていたい と願いながら
でも これは長く続かないかも という思いもよぎる。



この教室で学んでいたのは 
おそらく自我の学びなんだと思う。

それは・・・
不完全な自分には 知識や能力が不足していると感じていて
それを補うために 自分の力でなんとかしようと
学んでも学んでもキリのない 徒労を積み重ねていくこと。

この夢を しばらくの期間感じてみていて
「もう自我の学びは十分やった。もう終わりなんだな」
と思えた。

そして終えて ふと見ると
わたしが自力でなんとかしようと苦闘しているのを見守り
辛抱づよく 待っていてくれた存在に気がついた。

こう言ってしまうと つまらないような気もするが
この男性は イエス・キリストであり
わたしたちの内なるキリスト であるのだろう。

夢でのわたしは この(夢である)世界の男性との仲は
はじめは運命的な出会いと思い いい感じでいても 
やがてはお互いを信じられなくなり 憎み 離れたくなる
儚い長続きしないものだと思っている。

特別な愛情関係・・・それがほんとうに
神聖な関係 になんてなるのだろうか?と疑っている。

このような癒しの夢を見る一方で
過去のパートナーと一緒にいて
不愉快な思いをしている夢(悪夢)をいくつも見て
思い出したくなかった感情を再体験し
「いったい何なのコレ?」と腹を立てている(笑)

わたしはここ何年か
「どちらも悪くない」「過去にいいこともたくさんあった」
「彼に こういういいことろもあった」と
自我の力でポジティブに考えようとして
この世の悪夢を 否定してきたのだろう。

悪夢が繰り返すのは 
きっぱりと悪夢と認めていないからじゃん・・・

んー わかった もう認める。降参。
わたしは 悪夢を見ていました。

癒し系の若いイケメンのイメージで出てきてくれた「兄ちゃん」
いつも一緒にいてくれて 愛してくれて
待っていてくれて ありがとう。

悪夢でなく ほんとうのものを 
奇跡を 見せてくれるかな。







スポンサーサイト

プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
16112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1873位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。