【夢日記】 川に入って流される

2016.05.02(Mon)






2016年 4月某日の夢




夢の中ではなじみのある住宅街 を通り抜け
川に行きあたる。



201107141221000.jpg



向こう岸に渡るつもり。
川には大きな橋が架かっている。
わたしは 川に入って渡った方がおもしろいと思い
川の水に足を入れ 歩く。


水遊び


浅いと思っていたのに だんだんに水が深くなる。
怖い。
みるみるうちに足が底につかなくなり
浮いたまま手足を動かして泳ぐ。

体は流されていき 向こう岸に着いた時には
渡り始めから電車の駅を2つ分ぐらい離れた場所になっている。




※写真はイメ-ジです。




川の手前は慣れ親しんだ世界。
向こう岸は 未知の世界。

どんなところかは わからないけれど
想像を越えた体験をするところ。
行くのは怖いけれど 心の底から望んでいるところ。 

川にかかる大きな橋は
叩いて確かめなくても壊れることはない
しっかりとした幅の広い橋。
ここを歩けば まっすぐ向こう岸に着く。

わたしにとって この橋は
聖霊と渡る 奇跡のコ-スの橋 かな?

ところが わたしは迷わず川に入って行った。
素足でパチャパチャと
水の心地よさを感じたくて。

この川では足が立たなくなって
結局ずいぶん流されてしまったのだけれど
「深かったらどうしよう」という恐れの心が
川を深くしたようにも感じる。

川の中の自分に
「わたしは今 こんな感じ」
というものが表れていると思う。
橋は 横目で見て スル―(笑)



橋を歩いて渡るべきなのかどうか。
川に対して垂直方向に渡ろうとするのは愚かなのか。
向こう岸の 2駅分離れたところに着いたのは
先に進んだと喜ぶべきなのか。
無駄なことだったのか。

それを判断しても 意味はない と思う。

楽にでも 流れに乗ってでも逆らってでも
好きなように 行けばいいのだと思う。
夢だから。

最終的に行く(戻る)ところは同じ。
でも  「コ-ス」的には
何するにしても 聖霊と(神と)共にいるのが正解で
聖霊のイチオシは 「いっしょに橋を渡ること」なんだろうね。

夢の中のわたしは 
心地よくも楽しくもなく 怖がり続けていたから
もうちょっと 川遊びを楽しんで渡りたかったよ。
聖霊と一緒だったら つまんなそうな橋の上でも
もっとおもしろい目に会えたのだろうな。






美和子


関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
6251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
882位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。