【シェアリング】工事現場のできごと2つ

2016.05.19(Thu)


10年近く前に こんなことがあった。

借りていたワンル-ムの仕事場のエアコンが壊れて
新しいエアコンを 2人の男性作業員が取り付けに来た。

作業員の先輩格の人がイラついていて 
ひとつ動くたびに 後輩をののしり叱ったり
車まで 何度も道具を取りに行かせたりしている。

狭い部屋の中で聞いていて
まるで自分が罵倒されているかのようで
その場から逃げたくなった。

でも 自分が体験するものは
心の中の反映 と思い 自分の心を癒そうとした。

そのときは 奇跡のコ-スはよく知らなくて
当時さかんに使われていた「ホ・オポノポノ」の言葉
「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」
を心の中で繰り返してみた。

すると 取り付け作業の後半では
先輩の態度がおもしろいように変わっていて
後輩を誉めたり 持ち上げたりする言葉や笑い声が聞こえてきた。



今 裏のお宅に塗装工事が入っている。

先日 足場を組む作業中に
親方のような人が何度も下の人に まるで
うっぷん晴らしのように 小言を言ったりどやしつけたりしていた。

塗装工事には騒音は付き物だけれど
作業の音より 工事する人の声が近所迷惑! と思った。

施術の仕事部屋は 裏のお宅に近く
お客様の施術をしながら聞こえてくる声に
「ああ また始まった」

わたしがイライラすると お客さまに集中できない それは困る。
しかし お客さまは自分の話に夢中で 声を気にしていないようだった。

「わたしがイライラすると…」と書いたが 実際は
わたしの中にあるイライラや 
過去に 先輩・上司についていた時に感じた恐怖心を 
塗装工事の人たちが見せてくれている。

親方(?)の愛を求める心の叫びを自分のものと感じつつ
「わたしの幻想の中で 不快な役を買って 見せてくれてありがとう」と
心の中で言って 訂正となりゆきを聖霊に任せた。

そうしたら 急に ののしり声が小さくくぐもった声となり
変わらず何かやりとりをしてはいるのだけど
わたしの耳には「もごもご」みたいな鳩が「ぐるぐる」言うみたいな
不思議な声に変わって聞こえてきて 笑いそうになった。
(鳩は『平和』の象徴ってか?!)

そして お客様の自我の訴えを いつもよりもたくさん聞き
そのお話から一緒に見せてもらった錯覚を
聖霊に渡せたのではないかと思う。


あの 口うるさい親方の ひっきりなしのダメ出しは
わたしが いつも心の中でしていることだ。
そして 次は何を言われるのかと ビクビク怯えて動けない自分もいる。

わたしがすべきなのは
工事の人に「工事の音よりうるさいんですけど」と
彼らを自分の外の人と見て 苦情を言って相手を変えようとすることでなく

見ている夢(幻想)に気がついて 
代わりに奇跡を見せてくれるよう 聖霊に預けること。

引き続き 裏のお宅の様子は 観察してまいります。




美和子
関連記事

Category: ■シェアリング

11:53 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
13093位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1503位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。