【つれづれ】パワフルな聴き方について

2010.08.30(Mon)




先日の『真のempathyって』
の記事に、奇跡のコースを一緒に学ぶ友人から
コメント(非公開)をもらいました。

「あるところで
同じようなことを考え発言していた、
聖霊と共に聞かないと
自我的な声をキャッチしがち」といった内容でした。

ありがとうございました^^♪



この、「自我的な声」と話の聴き方について
以下説明するとすれば・・・






毎日、一日中
人は何かしら考えたり感じたりしています。

それが、そして、その考えたり感じたりしている存在を
「自分」だと思っています。

「わたしは、こう考えている」
「わたしは、こう感じている」と。

でも、実は
永遠の存在であり愛であり何も欠けていなくて護られている
本質の自分とは関係ない部分が
考えたり感じたりしています。

神から離れたと信じ込み
いつも何かが欠けていると感じてそれを埋めようとし
からだの死を信じ、罪悪感を持つ・または隠し
恐れから人や自分を攻撃する
「自我」が
考えたり感じたりしているのです。

だから
「わたし(と思っている存在=自我)が ○○と考えている、感じている」
のであり

本質の「わたし」の思いや感覚・感情ではないことがほとんどです。

「ほとんどです」というのは
(聖霊と共に)自我の思考や感情を観察し
距離をとる訓練をしていくと
思考が、自我的なものだけでなく
本質からの思い(聖霊的な思考)となることも、可能だからです。


話したいことがいっぱいたまっていて
堰を切ったように話している時、その話し手は
ほとんどが自我の声を語っています。

話の内容は様々ですが
話し手は

「自分の思いによって、見ている世界は変わる」
ということを忘れ

「自分は、環境や起こる出来事や他人に翻弄され
 それに巻き込まれてしまうだけの
 弱い存在だ」と思い込んでいます。

なので、お話の内容と(自我の)気持ちは聴きながらも
そちらに同調し巻き込まれないで
愛であり、創造できる本質の方に同調・フォーカスしながら聴こう
ということなのです。


人の話を聴くときも、
どんなに深刻な内容だろうが
どんなに自分と境遇が似ているように感じようが
刻一刻「自我は○○と思っている・感じている」というふうに
自分の思考・感情を観察し、それを脇へおきます。

自分のことと相手のことはゴッチャにしません。
ゴッチャにしたとき、それは相手(の自我)に敏感に伝わり
「ちゃんと聴いてくれてない」と感じます。

そして、相手の自我の声を踏まえながらも
自分の自我の声には巻き込まれないで話す。

コレ、聴き方の技術としては
最高級の聴き方でしょうから
ココへ行きつくのは、時間はかかると思います。

わたしも、書いているけれど、できるわけではなくて
できないからこそ、セッションや肝心な時にはココを目指すようにと
促されているのだと思います。





美和子


関連記事

Category: ■ACIMつれづれ

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。