【夢日記】 底なしの愛になる

2011.10.14(Fri)




今日は、胸とみぞおちのあたりが
キューンとなっている状態で
目覚めました。

せつない恋を
しているときみたいな感覚です。


好きな男性の、そっけなかったり
自分を特別扱いしてくれない態度に
不満を感じている夢でした。

その男性の容姿は、架空の韓国人俳優で
目覚めた時に「イエス・キリストだ」と感じました。



夢の中で感じたのは
この世の、人と人との間の愛への絶望と
さらには、神の愛への絶望です。

夢の中でわたしが
その、「好きな彼」に求めていたのは・・・

・じっくり話を聞いて
 誠実な受け答えをしてほしい

・甘えたい時に甘えさせてほしい
 (彼の方からハグとかキスとかも してほしい)


・それとなく(←コレ、ポイント)
 いつもわたしに関心を向けていて
 わたしが混乱しているときに
 「今、君がほしいものは、これでしょ?」と
 そのものずばりを教える、または
 目の前に差し出してほしい
 (これ、生身の男性にされたら、マジ、惚れちゃうね)

・困っているときに
 一緒にどうしたらいいか考えてほしい
 時には、一緒にいて手伝ってほしい
 しっかりとした支えを感じれば
 力がみなぎってきて、がんばれるから


そして

・わたしだけ特別扱いして
 わたしの望むやり方で
 わたしだけ愛してほしい



・・・ね、
この世の異性に
すべてこの願いを叶えてほしいと望んでも
無理な話だと思いませんか。
(異性でなくても、親でも先生でも 友達でもなんでも)

ここからは、わたしがこう感じている、
ってことを書きますが。

上に書いた願いを、もし
神のような存在(イエス・キリストとか)に
望んだとしたら どうでしょうか。

神様は、こちらが求めれば
たぶん肉体絡みのことでなければ
支えてくれ、アドバイスもくれ
望みを満たしてはくれるでしょう。

でも、自分だけを特別扱いてのは
してくれないのよ。
すべての人を愛しちゃってるんだから。


(いわゆるアガペですね^^)

そう感じられるのが、神の愛への絶望。

「自分だけを愛してくれないなんて
 神様ってひどい~」
と怒りさえ持つのです。

その怒りを 人間界の異性へ向けます。

求めても求めても
いつまでもどこまでも
底なしに満たされない感じが続き
愛と思い込んでいたものが
憎悪になっていたりします。

・・・こういった絶望を
眠って見る夢の中で感じていました。



そしてそれはもちろん
起きている時も、常に
(自我が)心の奥で感じているものです。

わたしがしたいのは
この、絶望的な現実という悪夢から
目覚めること、とも言えます。

「自分には 何かが欠けている」と感じているから
それをいつでも満たしたい。

その何か、ってのは モノとか状況でもありますが
たいていは大元が「愛」「幸せ」「やすらぎ」
だったりします。

夢から覚める、ってのは

「ほんとうは、なんにも足りないものはない
 だってわたし自身が すべてで愛(幸せ・やすらぎ)で
 愛しかないんだから」


と、まったくの疑いなしに実感するようになること
というふうに思っています。

そうなったら
自分だけに向けた特別な愛
は、求める必要がなくなります。

じぶんこそが
「底なしの愛」になる。
いつかはそういうふうに感じたいので
眠って見る夢と
奇跡のコースに取り組んでいます。


美和子

関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
15468位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1796位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。