【ワーク】手渡したときに 贈り物に気がつく[154]

2011.10.19(Wed)



今日のワークは 154課。

I am among the ministers of God.
わたしは神の代行者のひとりです


イエス・キリストのチャネリングであるという
奇跡のコースを なぜやっているのか、といえば。

理由の一つは
33歳の時の病気以来(卵巣嚢腫)
「神の導きに従って 奉仕したい」
という、いったいどこからその思いは出てくるんじゃ?
って思いを ずっと持っているからなのです。

「神のために働くのが 自分の喜び♪」
そういう思いがいつもあるんですね。

たぶん、過去世があるのなら
イエス・キリストの何かと関わっていたり(修道女だったとか)
なんらかの「神」を崇めて奉仕していたことが
あったのでは と思います。

ただ、その当時?は、自分を滅して
自分の外側にいる「神」に対して
盲目的に崇拝している感じだったように思います。

しかし、今の人生では
神、というのは自分でもある、ということを知りました。

コースのワークでは便宜上
「神」という存在が別にあるように捉えてみる時期も過ごしますが
意識がもっともっと広がった状態の自己があって
それを神と呼んでいる
ということを、いまのところ アタマでは知っています。

だから、この人生では
自我意識はしっかり持ちながら
主体的に、神の代行者(使者)であることを
選んでいるのです。

「神に従うのが 喜び」=「自己の喜びに 従うのが喜び」?
ということにもなりますね^^


今日のワークのアイディア
「わたしは神の代行者のひとりです」は
「やっと この言葉がキタァ~♪」
と、うれしかったです。

預言カフェで働くみなさんのように
神から預かった言葉をそのまま
目の前の人に伝えることができたら すばらしいと思いますが^^

わたしのスタイルは、違うみたいです。
夢やブログを使ったり、
セラピーやワークショップをするのもいいし
あちこちに出かけていろんな形で働くのも わたしの好みなので
きっとそれに沿ったやり方で できるのだと思います。



今日のワークで響いてきたのは

預かったメッセージ(贈り物)は、人に伝えること。
手渡さなければ、自分が受け取った贈り物に気付かない。


ということでした。

わたしはメッセージの預かり人で
しかるべき人にそれを贈った時に
じぶんにもたらされたものに気が付く。

そういうしくみ?なのですね~。
そのお相手と 一緒に贈り物を受け取るのです^^

いつ、どなたに何をお届けするのか 楽しみです。



美和子


関連記事

Category: ■ワークブック

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
15659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1793位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。