【ワーク】いつもあなたの内にいます

2011.11.26(Sat)



ただ次のことをしなさい。

心を鎮めて、
自分とは何なのか、神とは何なのか、という思いを
すべて捨て去りなさい。

この世界について学んできたすべての概念、
自分自身について抱いている
すべてのイメージを捨て去りなさい。

自分の心が、真実なのか間違いなのか、良いのか悪いのか
と考えていることを何もかもみな取り除きなさい。

価値があると判断している思い、
そして恥ずかしいと思っている考えを
ことごとく、取り除きなさい。

何にもしがみつかないようにしなさい。

過去が教えてくれた思いや、以前何かから学んだ信念は
ひとつも持ってこないようにしなさい。

この世界を忘れ、この『奇跡のコース』を忘れ、
両手をまったく空にしてあなたの神のもとへ行きなさい。


以上  奇跡のコース レッスン189 第7節
『奇跡のコースを学ぶガイドブック8 豊かさの力学』
P92~93より引用



今朝のワークの言葉は
「わたしは、自分の内に、今、神の愛を感じます」でした。

今日も 音読しながら泣けてきたのですが
上に引用した第7節の最後の文
「この『奇跡のコース』を忘れ」
というところで、さらにぐわぁ~っと こみ上げてきました。

言葉に触れてみて気づいた、自分の気持ち。
(自我の、ですが)

いつも「忘れたい」と思っていた。

コースには、惹かれているし、求めている
でも、レッスンをしたくない時もある
コースのことなんて気にもかけないで暮らしたい
でも、やらなければならないこと、と思っている。
レッスンをパスする時間、パスした日には
ひどく後ろめたい感じがする。

求める気持ち 
避けたい気持ち
罪の意識
でも、間違ったことはしていないという感じ
いつもそれがごっちゃになっている。

だけど・・・この文では
(今は一時)「コースを忘れなさい」だって。

その思いが ちょうどよくあたたかいお湯のように
胸に流れてきて
ひとしきり泣いていました。
「ありがとう」という思いしかありませんでした。

あらゆる人への
「あんなにひどいことをしてしまって ごめんなさい」
「これができなくて ごめんなさい」という思い。
「わたしは するべきことを全然できていない
 人の役に立っていない」
 という思いと共に。

泣きながら、どんどん「声」が胸に響いてきます。


感じるままに 感じなさい。
したいことを しなさい。
ドラマが見たかったら 見なさい。
買いたいものは 買いなさい。
我慢をしなくていいのです。

「これは してはいけないのではないか」
「怠けているのではないか」
「逃げているのではないか」
などと 考えなくてもいいのです。

ただ・・・何かを感じる(観る)ときには
ひとりでするのではなく
わたしと一緒にするのです。
いつでも 一緒にするのです。

わたしが一緒にいることを 忘れてもいいのです。
それでも、いつも一緒にいることには
変わりないのです。



美和子


関連記事

Category: ■ワークブック

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。