【シェア】きのうの すてきな子供たち

2012.03.20(Tue)



セッションルーム「美らくる堂」がある自宅は1階です。
きのう部屋にいたときに、2階への鉄の外階段をダンダン!と
昇り降りする音が響きました。音だけでなく、家も揺れます。
子供が何人かで遊んでいる感じがします。
振動と音が響くのがうるさい。
何度か続き「いいかげんにしろー!」と怒りも感じました。

「ひとこと注意しよう」と玄関から出てみると、誰の姿もない。
座敷わらしか?(笑) 
中へ戻ると、またしばらくして階段をかけ上るような音が。
「またか」と、さっきよりもさらに怒りがわきます。

そして、外へ出て階段を見上げると、
未就学児のような男の子と女の子が、2階の玄関前に見えました。
静かにふふっと顔を見合わせて笑っているような感じ。
かくれんぼでもしていて、鬼から隠れていたのでしょうか。

様子がわかると、さっきまでの怒りは忘れ
「あー、そこって、かくれんぼにはいい隠れ場所だよね」
と思いつつ、子供たちに向かって「しーっ!」と
人差し指で しぐさをしました。
すると、男の子の方が、黙ってわたしを見つめて
自分も同じしぐさをしました。
うわぁー、かわいいんだけど!

静かに階段を上って、子供たちを下から見上げた格好で
(威圧感与えないようにと)
「あのさ、ここの下に住んでいるおばちゃんなんだけど、
階段をドタドタすると、お家が揺れるの。
だから静かにそーっと、ね、そーっと。」と言って、
部屋に戻りました。

妙なおばちゃんの出現にビビッたのか、
返事もリアクションもありませんでしたが、
男の子の方が女の子に「そーっと、だって」と
かわいい声で言っているのが聞こえました。

その後は、階段の音は聞こえなかったので、
おそらく、「そーっと、そーっと」足音を忍ばせて
階段を下りてくれたのでしょう。
なんて素直なんだろう。

わたしのことを怖がっているかんじはしませんでした。
脅して怖がらせる気はまったくなく、むしろ
「わかってもらえるかな」と、
こちらがドキドキしていたくらいなので、
気持ちを汲み取ってもらえたように感じてうれしかったです。

かわいい天使たち、愛を受け取ってくれて、
わたしにも愛をくれて ありがとう♥


美和子

関連記事

Category: ■シェアリング

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
20052位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
2210位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。