【つれづれ】静けさから湧いてくるものを待つ

2012.03.27(Tue)



「奇跡のコース」(A course in Miracles)のワークは、
今日は266課。残りあと100日分をきりました。
ワークのパート2に入ってからは、英語版テキストで、
辞書を引き引き進めています。

この間の新月の日に、あらためて、
「自分と『きょうだい』の真の姿を見る」と、決めました。
この決意は、今までにも何度もしています。

今回はさらに、すべての出会う人(きょうだい)を
真の自己に戻るための 「救い主、メッセンジャー」と見る。
すべてひとつで永遠で罪はなく、愛そのもの光そのものと見る。
そうではない姿として見えた幻想は幻想としてごまかさず、
それを聖霊(Holy Spirit)に託し元通りにしてもらうことを 
ていねいに淡々としていく、という決意です。

一生涯かけて地道にそれを続けていく、ということです。

今年の初夢からずっと夢や日常を観察し続けてきて、
「見えている感じている幻想を『なかったこと』『ないもの』として
ごまかそうとしてきた」ことに気がつきました。

「見えていない、感じていない」と、ごまかしていたので、
幻想として消えずに留まり続けていて、
それが自分を苦しめていた。それに気がついたので、
ひたすら、見つけ次第託していこう、と思えたのです。

わたしのシビアな観察力を、
このために生かして使おうと思いました。
自分や人をチェックしてダメ出し・非難するのではなく、
淡々と観察して聖霊に託していくだけです。

おとといの日曜日、押入れの中まで大掃除をしました。
翌朝起きた時、心がしんと静まっていました。
まわりで物音はしているけれど、静かなのです。

この世的に「するべきこと」はたくさんあるはずなのに、
焦る気持ちがすっぽり抜けてしまったようでした。
「次は○○をしなくちゃ」とも思わず。。。「なにもすることがない」

いつも話には聞いている「なにもする必要はない」って
こういう状態かな。。。そして、
そこに故意に心を動かし行動するための刺激を
投げ込むのでなく
「ああ、この状態から湧き起こるものを するだけでいいし、
ここにもたらされるものを 受け取ればいいのだ」

今、来月以降の企画など、一時、作業を止めています。
この内なる静けさの中から見えてくるものを、
辛抱強く待っています。


美和子


関連記事

Category: ■ACIMつれづれ

00:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。