【つれづれ】ひたすら訂正してもらう日々

2013.04.01(Mon)




3月は、突然暖かさがやってきて
花々が一斉に花開き、心がそれに追いつけない日々だった。
そして、後半は、毎日眠くてしかたがなく睡眠をたくさんとっていた。

新年度始まりの今日は、何か切り替わって
しゃきっとしてきたので、またゴソゴソと
片づけ物・掃除などをしはじめた。



ところで最近、フェイスブックやブログで
誰かほかの人が書いていることや活動・イベントに
興味が持てなくなっている。

パソコンを壊して、修理中にwebから離れていたことや
過日、携帯を水没させ壊したことも
関係あるかもしれない。

人が書くものに興味を持てないことについて
「感性が鈍感になってしまっている、それはおかしい」
「情報に乗り遅れる」「他の人に後れを取っている」
「(SNSなどで)友達に不義理をしている」
と、わが自我氏は 突っ込んでくる。

でもそれは「問題」ではないのだと思う。
webの世界よりも、
家族をはじめ 仕事の施術のお客様方、知人たち
生身の人や生きものたちとの関わりが
日常の、身の回りのことが おもしろいのだ。



毎日、ほんのささいな思いでも、気づけば
聖霊に預けて、知覚を訂正してもらっている。

気持ちいいことばかりでなくて
「ちっ」と思うような、時には「ギクリ」とする、
不快なこともあるし、疲れを感じる時もある。

とはいえ、聖霊に預けて
「あ、判断(いい・わるいetc.)したから しんどかったんだ」
「この出来事に別に意味はない」「問題じゃない」
「この人の本当の姿を見たい」
などと思い直すことができる時が 増えている。

そのように「奇跡」「ゆるし」を行なったものについて
ひとつひとつ確認はしていないけれど
確かに「訂正」された証拠のような
人からの愛を知覚する瞬間は、ちゃんとあるようだ。

愛を差し出せば、愛を受け取ることになる。
それを体験している。



外側に 誰かほかの人がいるのではなく
外側で 何かひどいことが起こっているのではなく
外側に 何かおもしろいものがあるのでもない。

自分が作っている(創っている)ものだけが見えている。

見えているものを変えたいなら
そのものを どうこうするのではなく
期待通りに動かない誰かを 変えようとするのではなく
自分にとって都合の悪いことを人のせいにするのではなく

見ている(知覚している)ものを
聖霊に訂正してもらい、
愛・平和・やすらぎ・穏やかさ・光・・・
正しい知覚を 体験させてもらおう。



美和子






関連記事

Category: ■ACIMつれづれ

18:53 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
16112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1873位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。