【つれづれ】「ヘレンとビルを特別であると考えない」

2013.04.18(Thu)


ひきつづき『天国から離れて』を読んでいる。

読み進むにつれ
「知りたいことばかり書いてある」という思いで
圧倒される。

ヘレンの、ビルへの手紙やイエスとの交信記録をなどを引用し
イエスとヘレン、ビルとのやりとりが
読み手によってはくどく感じるほどに
こと細かに書かれている。

コースの書き取りが始まった後の記録には、
イエスの、ヘレンとビルへの個人的なアドバイスも多く
今のコースのテキストからは省かれた部分も載っていて
「ああ、ここは元々は二人に向かってイエスが語ったことなのか」
と、感慨深いものがある。

著者 ケネス・ワープニック氏の文章は
言葉の一つ一つが、読み手に可能な限り
正確に受け取られるように配慮して
書かれているように感じ取れる。

そして、つい頭ですべて理解したくなってしまい
それで、喜びのはずの読書が いつの間にか
苦しいものになる(笑)

辛いのだが、やはりこの本に惹かれてやまない。複雑だ。

とりあえず、どこに何が書いていあるかが
なんとなくわかるように、一通り通しで読むつもり。

その後は、「指示」に従い
必要なところを読み返すことになるだろう。
そして、読み返すときには、
コースのテキストがそうであるように
まるで初めて読むような感じがするのかも。



この本に書かれている何かが
今のわたしの 自分でもよくわからない葛藤に対して
答えをくれることはわかっていたが
きのう、ようやくわかりかけてきた。

まず、ひとつめは。

「もっと 些細なことについても 教え・助けを求めてほしい」
という、イエス(聖霊)からの働きかけ。



天界の計画によって
奇跡のコースを記述し、編集し、出版するために
ヘレンとビルが「特別に」選ばれた、と受け取ることもできる。

ふたりの適性や必要性などによって
確かに選ばれたのではあるが。

読んでいると、イエスに直接こと細かに
コースの教えを摘要するべく指導されているヘレンとビルが
うらやましくなってくる。

一方、わたしは
「自分はコースの学習者で、将来は教師になるかもしれないが
 数多くの学習者中の一人にすぎない」
という認識を持つ。

「ヘレンとビルは 大きな仕事を任されたけど
わたしはその他大勢の一人なんだから
彼らほどには、学びについて期待されていないだろうし
彼らが言われているほど厳密に学ばなくてもいいのではないか」

と思ったのだ。(もちろん自我が)

しかしそこに、
「それは分離」「だれも特別ではない」
という思いが浮かんだ。

「ヘレンとビルは 自分とは違う特別な存在」
と思い
それをうらやましく感じた。

それが、間違った思いである、ということだ。

元々、著者、ケネス・ワープニック氏がヘレンについての本を
書こうとした動機が
ヘレンの死後、彼女を過度に神秘化されることや
様々な誤解から彼女を護るためにであった。

そして、ヘレンの内的生活を描くことは
あらゆる人の物語を描くことであり、つまり
この本は、ヘレンにもその他の人にも
遅かれ早かれ内的に起こることは共通なのだ
という思いで読むべき本なのだ。

(というふうに わたしは受け取った)

わたしは、自分では
「イエスの声がロクに聞こえない。
あんまり重要な人物でないから向こうが気にかけていないんだ」
と思っていた(笑)

でも、認めたくないがやっぱり
「聞く耳を持たないから(感じ取ろうと心を開かないから)
 受け取れていない(気がする)んだ」
と、降参した。

いつでも「わたしは何もわからないから教えて」と
と声をかければいいだけなのにねぇ。



そしてもうひとつ。

「聞く」ときは、一人で受け取ろう、受け取ろうと
がんばるほど聞こえない、ということ。

そういうときは、意に反して
「自分一人で何とかしたい」という思いに
夢中になってしまう。

そういうときは、誰かほかの人のために、または
他の人と一緒にいる状況で、受け取りやすくなる(場合もある)

ということのようだ。

イエスとの交信は、ヘレンが担当していた。
その内容は、ヘレンを通じて ビルに伝えられた。

交信が、その能力を持つヘレンにしかできないから、でなくて
(ビルが聞く耳を持たないから、という理由もあるが)
ヘレンとビルがイエスの伝言をシェアし
一緒に学ぶ(間違いを訂正する)必要があったから、でもあった。



このごろは、肉体のある人が言う言葉に
「あ、これは聖霊の声だ」と思うことがある。

自分が、それが聖霊(またはイエス)の伝言であると
受け取れていないだけで
実は、身の回りの人の言葉や態度は
聖霊からの贈り物だらけだったのかもしれない・・・
ということも、今気づいた(笑)


美和子





関連記事

Category: ■ACIMつれづれ

10:48 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
15659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1793位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。