【つれづれ】コースの学習補助教材としての韓国ドラマ

2013.04.20(Sat)

『天国から離れて』を、とりあえず最後まで読んだ。

全部目を通したけれど、
もちろん内容を理解したわけではなく
コースについて、まだわたしが知らないことや勘違いが
こんなにあったんだなーということが 分かったのだった(笑)

コースの学習者は、個人個人がその時々の、
受け入れられる器の範囲と受け入れやすい形態で
学ぶようになっているらしい。

たとえば、わたしは瞬間瞬間の感情に気づきにくい傾向があり
怒りなども、気づかないので、怒っていないと思い込んでいた。

しかし、たびたび体調を崩したり、ケガをしたり
夢ワークやアートセラピー(描画)では、
怒りを表す象徴を表現したりしていた。
周囲の、怒りを表現する人たちを不愉快に感じていた。

家族や親しい人には
「いつもは静かだが 怒ったら怖い」と言われていた。
自分では、怒りによって自分は何をしでかすかわからない、
(人を傷つけるとか殺すとか)
と感じていて、怒りを恐れていた。

この世界のものは幻想であるが
愛を見るのに障害となる感情を見ないようにして否認していたら、
それは幻想として、この世界にあり続ける。

噴火しなくても、マグマはいつか吹き出すべく、そこにある。
認めてはじめて、別の選択ができる。

わたしにとって、自分の感情に気づくために
最高に役に立った教材は
3年ほど前から見始めた、韓国ドラマだと思う。

韓国ドラマは、感情表現が豊かで、俳優がとても繊細な表現をする。
脚本に無理があり不自然なドラマもあるけれど
良質なものは、脚本も演出も演技も
ほんとうによくできている、と感じる。
それで、視聴者が共感したり投影したりしやすい。

日本の地上波放送ではコマーシャルが入るが(で、カットが多いのが難)
本来は、間にCMは入らず、
1話が1時間あまりノンストップで放送される。
しかも、韓国での放送は、
1週間に2話ずつのまとまりで進むために
続きが気になる作りになっている。ハマりやすいのだ。

韓ドラ見始めのころは、韓ドラの中でも悲劇でも愛憎劇でもなく
わりとマイルドなラブコメディを見ていただけなのに、
どんだけ泣くんだ?というほど
見ながら涙を流しまくったっけ。

そして、なぜだか、韓国語の響きが日本語よりも心地よく聞こえ
韓国語を聴きたい、というのも、見続ける支えとなっていた。

そして、そのころ、こんな夢を見た。

夢では、大画面のモニターの中から身を乗り出した俳優たちが、
画面の中へ入るように、わたしの手を引いて誘ってきたのだ。

当時は、ドラマの魅力に強くひかれながらも
その中にハマることが怖い と感じていた。
この夢を見て、大丈夫な気がする、
いっそドップリ浸かってみようか、と思えたのだった。

この夢は、いわば
「幻想の中に入りましょう」と誘っていたようなもの。
自我の誘惑、とも受け取れる。
でも、わたしは、どちらかといえば聖霊の声と受け取った。

幻想を幻想と認めるために、幻想をよく見るのだ、と。

わたしは、特に自分が惹かれたドラマは、何十回でも繰り返し見て
その世界にドップリ入り込む。そういう見方をする。



はじめは、ラブコメディを好んで見ていた。「愛」が見たいしね(笑)

だんだんに、嫌って避けていた、
ドロドロの復讐劇も見られるようになった。
登場人物に感情移入しながら、
自分にも、怒りはもちろん、嫉妬心や人を憎む思いがある、
と認めることになった。

そして、それに気が付き認めれば、
自我の思いに巻き込まれるのではなく
それを越えて愛を見る、という選択ができるようになる。



3年たった今は、怒りをはじめ感情の観察が
日常で ある程度可能になった。
ドラマの登場人物は、いい人よりも、悪役のほうの思いに
共感することが多いかな。

ドラマを見る時は、たいてい「一緒に見ていてね」と
聖霊にお願いして見ていた。

それで、ドラマの中で起こっていることが
どんなにひどいことであっても、
一見良さそうに見える特別な関係であっても
その向こうには愛しかない、ということを教えてくれたように思う。

最近は、ドラマにどっぷりハマるということもなく
好きな俳優が出るものや、ピンときたものだけを
愉しみとして見ている感じである。



★教材として?!何十回か繰り返し見たドラマの説明
 わたしの好みとその時々の必要で見ていただけなので、万人におススメはしない


コーヒープリンス1号店(フジTVサイト)   美和子の評価★★★★★ 
    登場人物がすべて活き活きとして、愛らしい♪
    製作者側の愛がたっぷり込められたラブコメディ
    うらぶれたカフェを、1から再建するストーリーが
    当時の心象風景にフィットした。 
    インディーズを多数採用したOSTがおしゃれで好き

お嬢様をお願い(TBSサイト)  ★★★☆☆
    お嬢様を見守り、時に厳しく叱る、私にとっての理想の執事役、
    ユン・サンヒョンにハマったが、
    意味ありげな伏線とチョン・イルを活かせなかった脚本は、どうかと思う。

私の期限は49日(日本公式サイト) ★★★★★
    脚本・演出・演技3拍子揃った、数々の伏線が効いていて
    とてもよくできているファンタジーロマンス。必ずノーカット版を見てほしい
    死や憑依を扱っていると聞き、興味を持ったのが 見るきっかけ。
    奮闘する女性主人公を、愛を持って見守り助けるハン・ガンが
    めちゃ聖霊的で、わたしはハマった。OSTも、いい曲が多い
    




美和子




関連記事

Category: ■ACIMつれづれ

11:43 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

美和子(Miwako)

Author:美和子(Miwako)
美和子です。奇跡のコース学習者として 記録したいことを綴ります。

ここから検索できます

みわことのコンタクト・メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

総あしあと数

今見てくれている人

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
15468位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1796位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。